足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

品達

18 Mar.05(Fri)

時々、無性にラーメンが食べたくなるときがある。
いや、別にラーメングルメでもなく、ただただラーメンが死ぬほど好きというわけでもなく、ましてや仕事中に突然PCのディスプレイにラーメンが映って見えるとか言うわけでもないのだが、とにかく食べたいと思うのである。(関係ないが、過去には無性に牛丼が食べたくなったり、マックのハンバーガーが食べたくなったりと、まあそういう時期って青春の1ページに誰しもあるのではないかと....)

昨年の12月、品川駅の京急高架下に「麺達七人衆、品達ラーメン」というのがオープンした。京浜急行の車内広告がやたら目に付いてずっと気になっていたのだが、たまたま今日、諸条件が重なってやっと行くことが出来た。

この「品達ラーメン」、今流行のラーメンのテーマパークで、全国から集まった7つのラーメン屋が軒を連ねている。まあ、この手の元祖である横浜ラーメン博物館と比べるとテーマパークというよりはラーメン横丁といった感じ(横浜ラーメン博物館と違い入場料が要らないのがありがたい)。

私が入ったのは旭川ラーメンの「さいじょう」という店。15分ほど並んで、「伝説の塩」とうたわれた自慢の塩ラーメン(750円也)を食した。
そういえば普段好んで食べるのは醤油やとんこつラーメンなどで、塩ラーメンは始めてかも。
調理のときに、ラーメンどんぶりに大さじ一杯(山盛り)の大量とも思える塩を投入したのを目撃してしまったので多少びびったが、全く塩辛くなくさっぱりとしたスープで、むしろ魚系のだしの匂いが最初鼻についた。
ここでそういった類の方々なら小難しくも気のきいたコメントなどを出すのであろうが、すんませんがそういった才能持ち合わせて無いので、今風に一言で片付けてしまうと、「普通においしかったです」。(笑)
[PR]
by strout | 2005-03-18 22:42 | Diary