足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

真夜中に「ボーッ」

01 Jan.06 (Sun)

真夜中、0時丁度、地方では除夜の鐘の音が響き渡るのだそうだが、私が住んでいる横浜の外れは山を一つ隔てた向こうに港があるということもあり、停泊中の船舶が一斉に鳴らす汽笛の音が聞こえてくる。

TVで新年を迎えるカウントダウンが始まる頃、「よっこらせっ」と重い腰を持ち上げて、玄関を一歩外に出ると、気の早い汽笛がフライングして遠くで鳴っている。
直後、それに応答するかのようにあちこちから汽笛の音。
右手奥には少しだけ見えるニューイヤー花火。
昔、本牧に住んでいた姉夫婦の家で聞いた汽笛の迫力(地響きのような迫力だった)とは比べ物にはならないけど、遠くで汽笛を聞きながらみたいで、風情があって誠によろしい。

謹賀新年。
また新しい年が始まった。

あっ、普段から早寝早起きをモットーとしている妻と子供は、そんな世間の喧騒をよそに、とっくに就寝。
子供と一緒に、この汽笛とニューイヤー花火を間近で見られるようになるのはいつのことやら....。
[PR]
by strout | 2006-01-01 21:00 | Diary