足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

苦い?

13 Apr.06 (Thu)

なんとか妻の体調も持ち直した今日、今度は自分に風邪の菌がやってきた。
それでも、金曜日の打ち合わせのために休むことはできず....(涙)。

最近風邪をひくとよく声をからす。
もうからすなんて甘いもんじゃなくて、ほとんどささやく声しか出ない。
わははっ、これがホントのウィスパーボイスだ。(と笑い声もささやき声なのだけど)

これは結構周りの人からみればインパクトがあるらしく、特に電話なんかでは、先方が気を使ってとっとと打ち切ってくれたり、別のフロアの営業君なんかわざわざ私の席まで来てくれたり。
でも明日締め切りの資料作成があるのです。休むことなんて出来ません   涙。

さて、甘いといえばチョコレート。(いささか強引な展開だというのは百も承知)
その常識をまるっきり覆す物体が職場の売店で売られていた。
それが、「チョコレート効果  板 カカオ99%」。
なんかいやな予感がしたので、せめて風邪が治ってから購入してみようと思っていたのだが、そいつが上司の机の上にちゃっかりと。
うっかりと「これ、どうなんでしょ?」などと口走ってしまった私。
「えっ?まだ食べてないの?それじゃあ食べなきゃ!」と即答する上司。
周りの同僚たちも、「面白いよ、これ。先日のパスタくらい。」などとはやしたてる。

それでは、と板チョコのひとかけら(一列じゃなくひとかけらだけ)頂戴してみた。

口に入れてゆっくりかむ。最初の印象は生チョコの回りのように少し粉っぽい感じ。
だんだんと体温で口の中のチョコレートが溶けてゆく。やっぱり何か粉っぽい....。
「???   ・・・・・  !  XXX   うっっっ  苦っっっ」
あわてて自分の席にあった缶コーヒーをがぶ飲み。
なんじゃこりゃぁ!

最近ビター系のチョコレートを好んで食しているのだが、これはそんな生易しいものではなく、ほんとのビター!
売り場でも「非常に苦い」と添え書きがあったのは伊達じゃあなかった。
しかし、この苦いカカオからあの甘い代名詞であるチョコレートが出来るなんて、だれが考えたんだろう。

風邪、なんだか悪化しそうな気配....。
[PR]
by strout | 2006-04-13 21:42 | Diary