足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お披露目

8 Jul.06 (Sat)

先月、お隣さんに待望の第一子が無事誕生され、約1ケ月の「自宅休養」期間を終えた奥さんと娘さん(赤ちゃん)が自宅に帰ってきた。

一週間ほど前から旦那さんに今日の帰宅を聞かされていた我が家は、朝からどきどきのわくわくであった。
朝、掃除機の音が聞こえてくると、「あ、お隣の旦那さん掃除してる」とか、お隣さんの車が駐車場から見えなくなると「いよいよ迎えにいったんだね」とか。

もう今日は来ないんだろうなどとあきらめかけていた17時過ぎ、突然に鳴る玄関チャイム。
「きたぁ!」

うれしそうなお隣の旦那さんと、無事帰ってこれた安心感の表情を浮かべたお隣の夫婦。
旦那さんの手には生後一ヶ月の(本当に生まれたての)赤ちゃんが....。

パッチリと開いた目、元気に動いている両手。
か、かわいい....。

これから、お隣同士として長い付き合いになることだし、よろしくね。
(おいこらtomo、仲良くしてあげるんだぞ!)


このあと、1時間後に、妻方のおばさんから電話が。
息子夫婦(妻の従兄弟)に、2日前に女の子がお生まれになったそうな。
ややなんと、こっちでも。

ま、ともあれ、人のうれしい表情というのは、こちらまで元気を与えてくれる。
よきかな。
[PR]
by strout | 2006-07-08 23:33 | Diary