足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

きゅーり?

13 Oct.06 (Fri)

久々に職場の同僚さんたちと近所の韓国料理屋で飲み会。

ビールから始まり、各種料理と酒が回ったのだが(あんまり細かいこと覚えていないし...)、仲間の一人がメニューの中に変なものを見つけた。

「真露(韓国の焼酎)、きゅーり入り!」

なぬ?きゅーり???

面白そうなので、注文してみた(この時点でかなり皆酔っている)。

麦茶を入れるようなボトルに入っている焼酎と氷と千切りのきゅーり。
それぞれのグラスにそそぎ、ままとりあえず、と本日何度目かの乾杯。

「えっ?あれっ? あっ!.... これは、きゅーりだ!!」
異口同音に叫ぶ面々。

グラスを口につけた瞬間に、鼻腔に広がるさわやかなきゅうりの芳香。
一口飲むと焼酎の臭みを完全にきゅーりが消しているばかりでなく、控えめに自己主張しているきゅーりの甘み。
きゅーりってこんなに甘かったっけ?

これ、本日のヒットを通り越してホームランかもしれない。
店員さんに聞けば、注文が来てからボトルに千切りのきゅーりをぶちこんだだけという、時間も手間もかからない、逸品。

今度家でもやってみよっと。
[PR]
by strout | 2006-10-13 23:55 | Diary