足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

のんびりとしてらんない

22 Oct.06 (Sun)

6時起床。
なんだかんだで6時20分、朝食も採らずに愛車(クロスバイク)にまたがる。

まだ妻もtomoもお休みなので、まあのんびりと9時くらいには帰ってこようかと思ったのだが、出かけに起き出した妻が一言。
「tomo、やっぱ医者に連れて行ったほうがいいかも。」

実は、昨日の夜あたりから、また口の中が痛いといって大泣きしていたtomo。
昼間は結構何でも食べてたのだが、どうも手足口病がまだ治りきっていないらしい。
普通は1週間程度で症状がおさまると言う事なのだけど、その1週間をもうじき迎えようと言う時にこれである。

ご近所の医者は8:30に受付開始。
一番乗りしたいという妻の希望に合わせて、8時前には帰宅することを宣言。

そうなると、あまりのんびりとはしていられない。
始めは昨日と同じルートで、海の公園->シーパラへと向かい、そこから先は回り道をしながら海岸線に沿うようにして、最近の名所となっている大きな風力発電のすぐ近くまで足を運んだ。

ベイサイドマリーナで、やっと休憩+軽い朝食。
時計を見ると既に7時20分。

タイムリミットまではもう少し時間があるが、そのまま最短コースをとって自宅着。
いつもながら最後の上り坂(自宅が山の上なので....)で膝が笑っている。
階段を降りるのにもしんどいくらい....苦笑

もうちょっと体力付けないとだめですね。

・本日の走行
 走行時間:1:01’29″
  距離  :20.24km
 平均速度:19.7km/h

帰宅して、少し休憩して、tomoを起こして、今度は車で医者へ。
そういえば最後に車を運転したのはいつだったっけな?

問題のtomoの体調は、まあそれほど心配するに値しないレベルだったらしい。
私は“経験者(手足口病の)”としてtomoの診察に付き添ったのだが、医者からは案の定「おや、大人が手足口病にかかるとは珍しいですね。」などと。

....いやもう、ほっといてください  (-_-;)
[PR]
by strout | 2006-10-22 16:34 | じてんしゃ