足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

集中砲火

12 Jun.07 (tue)

以前の部署の関係者のお通夜があり、久しぶりに昔の同僚が顔を揃えた。

お通夜の後、まあせっかくだからと、たまたま帰りが同じ方向の4人でそのまま居酒屋へ。(いや、不謹慎は承知の上....)

飲み会での話題は、今の職場の事、家族のこと、昔話と尽きないのだが、そのうちに趣味の話になった。

同僚A君は極新空手、B君は総合格闘技の柔術、そして私は自転車、と、その昔からは皆想像もつかないほどの運動系(特に私の自転車が周りからは一番意外だったらしいが)。
皆結構真剣に打ち込んでいるらしく、引き締まった体をしている。

残りの1人は....無趣味....。
33歳独身、そろそろ気にした方がいいんでないかい?というメタボ予備軍の体つき。

こうなると飲んだ勢いも相まって、残り1人に3人からの集中砲火が始まる。
「とにかく何かスポーツでも始めたらどうだ」「いっそのこと格闘技は?」「いいから彼女見つけて結婚でもしなさい(3人は既婚者)」「いきなり格闘技というのも大変だから、それだったら自転車だ」
「そうだ、自転車が簡単でいい」
「そうだそうだ、まあいいから乗れ!」
「買え!」
「髪の毛染めろ!」
「食え!」
「飲め!」
「もったいないから絶対に吐くな」
「合コンでも行け!」
「走ってみろ、ジョギングだ!」

33歳独身の彼にとっては修羅場に近い飲み会だったようで。
かわいそうに、というか楽しい飲み会だった  (笑
[PR]
by strout | 2007-06-12 23:19 | Diary