足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

わんぱくたいかい

05 Oct08 (sun)

朝5時半起床。

いつものように、って今日はフォールディングバイクを持ち出して、6時半に家を出た。
向かうはtomoが通っている幼稚園。
なんでも今日はここで「わんぱく大会(注)」という、まあ運動会みたいなものがあるらしい。

で、なんで早く家を出たかと言うと、

・・・場所取り....(涙

自転車をかっ飛ばして、幼稚園には7時前に着いた。
・・・既に100人ほどの行列がぁ...orz

列、最初の方の人たちは完全防寒仕様の服装で、「あなたたち絶対徹夜したでショ」という方々。
中にはブルーシートの上で大の字で寝ている人もいらっしゃる。

・・・そんなとこで寝てると風邪引きます。



何故に皆さんこんなに早くから並んでいるかと言うと、まあ私も含めてなのだが、それほど広くない幼稚園の園庭で競技する園児たちがざっと200人。
それを見に来た両親とじじばばがざっとその4倍くらい。
そう、都合1000人(主催者側発表)もの人が(一応ひな壇の特設観覧席は作ってあるものの)この狭い園庭にひしめき合うのだ。
ビデオ撮るにしても、写真撮るにしても、単に応援だけでも場所取りは肝心なのだ、と。


とまあ、そんなこんなで待つこと1時間半、妻と、両方のじじばばに連れられた主役のtomoが義父の車に乗って到着。

ここで順番取りの大役を見事に果たしたお父さん(私のことだ)は、義父の車を引き取って、乗ってきた自転車も積み込んで(だからフォールディングにしたと言う次第)1人寂しく帰宅....号泣....じゃなくて、一度車を我が集合住宅の駐車場に止めて、ふたたび自転車でトンボ帰り。
ちょっとしたトラブルで幼稚園の到着が遅れてしまい、午前中の出し物、ほとんど見れなかった....号泣<-今度こそ。

それでも久しぶりに持ち出した一眼レフのカメラ(銀塩だ、文句あるか!)に~210mmの望遠ズームレンズなぞを付けて、人ごみの中を走り回った。
あー、一眼のカメラってば重い。

それにしても....こんだけ同じような子供たちが沢山いると、tomoがどこにいるか分かりません   (涙。


午後に入り、父母参加種目となった。
競技はちょっと変わったルール(文章じゃ説明できない)の「綱引き」。
一応私も参加。
でもこれが一番盛り上がったのではないか?

綱引きが終わると、最後の競技を見ることも無く、義父の車を取りに戻る。

かくて初めてのわんぱく大会(くれぐれも運動会ではない)は、心配していた雨に降られることも無く、お父さんは筋肉痛と寝不足を引きずって、明日はしんどいだろうな、いーなー、幼稚園は明日休みで、などという一日はゆっくりと暮れていったのだった。


注:このわんぱく大会、運動会と大きく違うところは各種目に競技性があまり無いこと。
  紅白に分かれて競うものでもなく、なので得点も応援合戦も無く、なんだか子供たちがゲームやダンスしているのを見物するといったようなもの。
 ま、それはそれで見ていて面白かったですが。

寝しなに妻が言う、「来年はもっと早くから並ばなきゃ~」

・・・・・(ーー;)
a0010784_23173055.jpg

[PR]
by strout | 2008-10-05 21:00 | Diary