足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ラウム購入顛末( 9 )

角、生えました

7 Aug.05 (Sun)

始まりは、ラウムの納車を一週間後に控えたある土曜日の朝、突然妻がこんなことを言い出した。
「ねぇ、ラウムって、つの付いてる?」
「何?角???」
「そう、つの。」
「???」
こんな会話を繰り広げること30分。
なんのことか分からないまま、とりあえずカタログを見てみた。

「あっ、これこれ。つの!」
「はっ???これがつの?」
「そうそう、つの。これ、標準で付いてる?」
調べた結果、注文したグレード(Cパッケージ)にはディーラーオプションで準備されていることが分かった。

んで、その日中に再度ネッツに赴き、後付けということで注文。
別に急ぐものでもないので、1ケ月点検の時にでも一緒に取り付けようということになった。

それが、これ。(妻こだわりの一品)
a0010784_16445721.jpg

画像だと分かりにくいけど、角の正体は単なるリヤスポイラーだったり....。
(すいません、我が家ではこれを「つの」と言います。)


なお、1ケ月点検であるが、不思議なことにエンジンオイルの交換は無かった。
「昔の車はバリやカスが出るとかで1ケ月点検のときに必ずオイル交換していたんですが、最近はめったにバリは出ないんです。今日の点検でも問題無かったようですし、半年くらいを目処に交換すれば....。」
とはディーラーの担当者の弁。

そうか、大分常識も変わってきてるのね。(なんせ10年ぶりだし、新車なんて買うの。)
[PR]
by strout | 2005-08-07 20:44 | ラウム購入顛末

角、延期....

30 Jul.05 (Sat)

ラウム君が我が家の一員になってから早1ケ月。
そろそろ1ケ月点検の時期である。

実は明日の日曜日にディーラーに予約を入れていたのだが、明日は別の予定が入ってしまい急遽キャンセル。

だめもとで「今日、点検やってもらえますか?」と朝一で電話を入れてみたのだが、あいにく予約がいっぱいで、だめと。
なんだ、折角点検と一緒に角(「つの」、と読む)もつけてもらおうと思ったのだが。

また一週間延期ですな。(次の日曜に再予約)
[PR]
by strout | 2005-07-30 20:50 | ラウム購入顛末

緊急連絡 from 妻

19 Jul.05 (Tue)


午前中、妻から職場に突然の電話。
普段、仕事中の私に気を使ってよっぽどのことがない限り電話なぞしてこない妻なので(普通の連絡ならメールで事足りるし)、これは何か大変な事になったのに違いない。

案の定妻の声は緊迫しており、電話の向こうにはtomoの泣き叫ぶ声と車にキーを付けっぱなしのまま運転席のドアを開けてしまった、というピーピーピーという電子音。

妻「もしもし....。車のエンジンかからなくなっちゃった。どうしよう、帰れない。tomoは暑さで泣いちゃってるし....。」

まさか、そんな....。だって買ってからまだ1ケ月にもなってない新車ですよ。
バッテリーが上がろうはずもなく、初期不良?ト*タさんもリコール騒ぎ?

こちらから色々と質問してみるが(セルモーターは回るか、とか)半ばパニック状態の妻からは的を得た答えは帰ってこない。
仕方が無いので、購入したディーラーに電話することをすすめ、とりあえずは一旦電話を切った。

それから1時間ちょっとした昼休み、また妻から電話。(今度の声は落ち着いていた)
電話の内容を要約するとこんな感じになる。

・ディーラーは定休日で電話繋がらず。
・車内はどんどん暑くなってきた。
・ハンドルロックがかかっている。
・昔の記憶を頼りにハンドルをガチャガチャやりながらキーを回すと、回った!
・エンジンがかかった!!!
・そんなわけで無事、家に帰ってきて、tomoにもご飯食べさせた。
 (スーパーに買い物に行ったらしい)
・こんないらん機能つけないでほしい。
・月末の土曜はハワイだね。(謎)
・角は今度の日曜に付けに行こう。(謎)

ほっ....。
あ、最後の2つの(謎)は、別途(笑)。
[PR]
by strout | 2005-07-19 22:01 | ラウム購入顛末

するどいっ

3 Jul.05 (Sun)

用事があって同じ横浜市内に住む姉の家に。
この日はたまたま別の用事で私の父母も来ていた。

この日、私の新車を初めて見た父が一言。
「なんで前の車とナンバーが同じなんだ?」

えっ.....!???
車を買い換えるということは前々から言ってあったのだが、さすがにナンバーの事までは話した覚えがない。
聞くと、
「昔乗っていたカローラが同じ番号だったんだよ。その後のスカイラインは○○(ナンバーのこと)で、タウンエースは○○で....。」

そのカローラってお父様が30年位前に乗ってたやつですか?
そのお年で(齢70をとっくに超えてる)そんなどうでもいいこと、何で覚えてらっしゃる!

ほんの些細なことで改めて父の偉大さを.... (笑)
[PR]
by strout | 2005-07-03 22:41 | ラウム購入顛末
25 Jun.05 (Sat)

来たっ。
納車だっ。
新車だっ。
ラウムだっ。
スライドドアだっ。


ばーん、っと。
a0010784_22472846.jpg

(実物の画像)

まあ、なんというか、このところの寝不足で、今日も朝から疲れていた。
tomoは珍しく6時半まで寝ていてくれたのだが、それでも休日の朝6時半起きはちとしんどい。
でも朝っぱらからいつものネッツに出向いて新車を受け取りに(納車費用削減のため)行くわけだし、なんといっても10ン年ぶりの新車購入である。
朝から気合が入らないわけが無い。

約束の朝10時、ネッツ店に着くと新車のラウムがそこにはあった。色もナンバーも私の要求通りのもの(後述)である。
これで最後となる今までの愛車(三菱リベロ)は、新車の隣に駐車するよう店側からの指示。
営業さんが後ろを誘導してくれる。問題はない....、はずだったのだが....、右側のスペースを見ながらバックしていると、誘導の営業さんが「危ないっ、ストップ、ストップ」と悲鳴のような声。
何気なく左のバックミラーを見ると、新車のラウムが信じられないくらいの大きさでミラーに写っていた。どうやら左側の目測を誤ったらしい。
大慌ててブレーキ。                    寸止め....(涙)。

背中を冷たい汗がたくさん。
あー、納車日早々、乗っていった古い車でぶつけてしまうとこだった....。
しゃれにならんぞっ。

ちなみに、ナンバーは、散々家族会議で議論を重ねた結果、「リベロと同じ番号」にした。
特に深い意味は何も無い。
ただ「それにしたかった」だけである。

a0010784_23204362.jpg

ネッツにて。新旧の愛車が並ぶ最初で最後の画像である。
リベロ君にも独身から結婚に至るまでの大事な時期に、良い思い出をたくさん作らせて貰ったなぁ....。(少しばかり感傷)

朝納車してそのまま最寄のダ*エーで買い物をしたりしていたので、記念すべき納車当日の走行距離はわずか5km弱。
オドメーターはたったの20km程度である。

新車の印象(インプレッションとか)は、おいおい、というか気が向いたら書きます。
[PR]
by strout | 2005-06-25 23:19 | ラウム購入顛末

んで結局。

28 May.05 (Sat)

朝9時すぎ、開店直後のいつものトヨタネッツを直撃。
先方の出方(価格)次第でもあるが、私らの心の中は決まっている。

子供の遊び場に間近いいつものテーブルに陣取ったところで、最終ラウンドのスタートである。

世間話などを交えながら、30分ほどたった頃であろうか、営業さんが「ちょっと店長と相談してきます」といって席を外した。
この間約20分。

「遅くなりまして」と戻ってきた営業さんの顔には、やるだけのことはやったという満足の顔がうかがえる。
最終的に提示された金額はこちらにしても想定の範囲、というかネットで事前に調べてきた値引き情報よりもう少し頑張ってくれているレベル。

と、言うわけで注文書にハンコを押してきたのであった。
あーあ、買っちゃったよ。

結局、買ったのはコレ

間違い....。

こちらでし

駐車場の高さ制限さえなければシエンタが良かったのだけど、やはり決め手となったのは両面スライドドアーでしょうか。(パノラマオープンはあまり意識してなかった)
しかし、外観はほんと地味(笑)。
ちなみに19万ほど高くなってしまう4WDというチョイスは、当然なし(涙)。
まあ子供のことも考えておとなしく乗り....る予定。

納車は1ケ月くらいとのこと。
楽しみだ。
[PR]
by strout | 2005-05-28 19:44 | ラウム購入顛末

攻防

23 May.05 (Mon)

家に帰ると妻が自分の父親と電話で話している。

「いや、だからぁ、それだと中狭いでしょ。
 それも見てみたけど、運転しにくそうだよそれ。
 そっちは高いじゃん。それに1800ccだし。」

どうやら義父は昨年自分が購入したディーラーさんを推薦しているらしい。
営業さん頑張ってくれるから、安くなるよと。

でも残念ながらその店には私らが気に入るような車種は無い(リサーチ済み)。

それでもなお、これはどうだ?あっちは?最近あの車種で特別バージョンが出たぞと矢継ぎ早に迫ってくる(電話向こうの話なので半分推測)義父とそれを受けている妻の攻防が面白かった。

なんか子供が新しいおもちゃを買ってもらうのに色々説得しているようで。
ともかくも、車購入の話があさっての方向にこじれないことを切に願う(笑)。
[PR]
by strout | 2005-05-23 22:47 | ラウム購入顛末

車購入計画進行中

22 May.05 (Sun)

一般的に大きな買い物は6月7月と12月(ボーナス時期)と3月、9月(いわゆる決算時期)に集中するものだそう。
だから5月は家電とか車とかの値段の張るものはあまり売れずに、販売側は大変らしい。(元家電量販店の社員だった妻も言っている)
これはネットの車購入情報でもあまり出回っていない話なのだが、5月というのは結構値引きの狙い月らしい。

そういえば、先週試乗させてもらったカーディーラーでも、「5月ならかなり頑張ります」と言うことだった。
それならどんくらい頑張ってもらえるか、いっちょ見積もりでも貰ってみましょうか、ということで、スーパーでの買い物が終わったその足でディーラーに。

アポ無しの突撃だったので、担当の営業さんは不在であったが、試乗車を再確認しながらしばらく待つことにした。
最有力候補であるこの車種は、「人にやさしい」と言われているのだが、その分カーゴスペースを犠牲にしているらしい、これが唯一の難点だったりする。
荷物が積めないと私の趣味のひとつであるキャンプに多大な影響が出る(子供が生まれる前の年(つまり妻の妊娠期)から種々事情により行くことが出来ないが(涙))。

とは言うもののまさかキャンプ道具一式を持っていって「積んでみたい」とかいうのも気がひける、というかこのために準備するのもなんなので(そりゃそうだ)、とりあえず手近なベビーカーを積んでみた。
幅はベビーカーを横置きにしてタイヤハウスの内側にぴったりサイズ。奥行きは20cm程度の余裕だろうか(しまった、巻尺(死語?)持っていけば良かった)。高さもベビーカーを立ててピッタリ収まるくらい。このベビーカーはB型なので、もう少し大きいA型だと斜めにしないと収まらないのだろうな。
今のM菱製の高級4WD(書いててちとむなしい)と比べてしまうとかなり小さいスペースなのだが、荷物厳選と工夫次第でキャンプ道具も詰めるか?(恐らく後方視界は諦めざるを得ないだろうが)

1時間程度待って担当さんがやっと到着。
しばらく子供の遊びスペース(最近はどこのディーラーでもこういったスペースとおもちゃが置いてある)で遊んでいたtomoもこの時点で完璧に飽きてしまっている。
このため、気になる値段の話もろくすっぽできず、当方の要求額だけを提示。
「正直におっしゃってください、店長との相談材料にしますから」と言っていたので、「正直に(でもちょっとだけ控えめ)」言ったのだが、一瞬営業さんが固まったのを見逃さなかった。

帰りがけ、tomoはドラエモンの風船を貰いご満悦。

車種(オプションや色も)とディーラーはよほどのことが無い限りこれで決定。
今度の土日が「5月」の期限であるが、さあどうなる。
[PR]
by strout | 2005-05-22 21:23 | ラウム購入顛末

そろそろ買いですか?

15 May.05 (Sun)

先日、偶然街中で見つけた車が気になっており、ネットやらで色々と調べていたのだが、近所のディーラーに試乗車があるというので、家族で冷やかしに。

今までも気になる車は多々あったのだが、うちには駐車場の高さ制限という足かせのため、車高1550mmまでが限度である。残念ながら今まで気になった車はもう少し車高が高いものばかりだったのだが、今回のやつはこの制限にクリアでき、しかも価格もそれほど高くはない。ましてや**という、他メーカーの同クラス車には無い際立った特長(謎)を持っている。<これ、かなりの高ポイント。
(ただ外見は非常に地味な車で、普段はあまり気にも止まらないタイプではある。)

試乗は最初に妻が、途中で私に交代するという順番で行ったのだが、多少1500ccの力不足感はあるとは言え、このクラスのファミリーカーとしては、こんなもんかな、という感じ。足回りはそれほど固くは無いが、ブレーキの効きは良い。
また後部座席も足元が広く、ゆったりと乗れる。
ただ問題はラゲッジスペースが今の車と比べて小さいということか。欲を言えばもう少し広い方がありがたいのではあるが。

しかしまあ、妻も気に入ったみたいだし、今のところ最有力候補であることには間違いない。
さて、と、これどれくらい値引きしてくれるものですかね(笑)。
[PR]
by strout | 2005-05-15 22:00 | ラウム購入顛末