足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

前回、ウクレレに何故か興味を持ったと言うことまで書いた。(書いてないか)
で、今回は初心者である私がどんなウクレレを買ったか、と言うことについてずらずらと書いてみようと思う。

まずはお値段。

普段あまり楽器屋さんに縁がない人は「ふんっ、ウクレレなんてあんな小さいもの、そこらのスーパーのCD売り場の端っこに1,500円くらいで売ってるんでしょ」なんて思うかもしれない(実は私も最初はそんな認識だった)。

ところがぎっちょんちょん(古いか)。
町のちょっとした楽器屋さんなんかを覗いてみると、平積みされている3,000円からはじまって、目の高さくらいにある2~5万円のもの、さらに上の段にはハワイの有名メーカ製の10万前後の値札が自己主張しているものまで売られている。(この商品ディスプレイの位置と値札の自己主張さで、「ぜーったい触るな、高いんだから!」という楽器屋さんの堅い意志が感じられる。・・・そんな自己主張をしているところなんかでは間違っても高価な楽器は買っちゃいけません。楽器は実際に弾いてみてなんぼ。弾き倒して弦を切るくらいが正論(いや、だめ)なのです。)
ちなみにネットとかで真剣に探すと、アコースティックギターに引けを取らない2~30万ほどのウクレレもごまんとある。

かれこれ、ん十年もベースなどをやっていた私の場合(素人ですが)、今までは、「楽器は最低でも10万以上するもの!」という明確なポリシーを持っていたのだが、流石に初めての楽器で10万以上出す気力と財力が我が家に無いので(涙)、「まあなんとかなる最低な価格帯」ということで市場調査。

いくつかの楽器屋を回って巡り会ったのがFAMOUS というメーカーの“FS-5”という商品。ハワイアンコア材(合板だけど)使用で税込み21,840円(当時)。(ちなみに、ハワイ生まれのウクレレという楽器、もともとはハワイで取れる「コア」という固い木から作られていたそう。今じゃ「コア」だけでなく、ギターで使用されるマホガニーやスプルースといった木も良く使われている。なお、「合板」とはいわゆるベニヤ板のこと。)
あと、オベーションのやつも気にはなったのだけど、まずは正当派から始めようと。

んで、この機種に決めてから今度は価格調査に入る(衝動買いは出来ない質なのです:笑)。
さらに横浜界隈で数件の楽器屋を回って(といってもそんなに楽器屋の数は多くないので、同じ所を何回も回る訳なのだけど....<実はこの購入前の調査(ひやかし)がすんごく好きだったりする。)

前置きが長くなってしまったが、結局最終的に購入したのはこんなウクレレ。
・MANA Soprano Koa Mahogany \31,290(税込み) 
(クロサワ楽器横浜店で買いました。最近知ったのだけど、このMANAってクロサワのオリジナルブランドらしい。)

前振りと違うじゃねーかよっ(....汗)。
(しかも1万円も高いし)

・・・んーっと、続きはまた今度。
[PR]
by strout | 2004-07-28 12:43 | ウクレレ

真夏の昼の

24 Jul.04(Sat)

記録的な猛暑の真っ昼間、tomoにシャワーを浴びさす。
しかーし、あまりにも暑いのでベビーバスにぬるめのお湯を張って、そのままベランダに。
(ベビーバスにお湯を入れて運ぶときは、あらかじめ自分の体力と湯量(重さ)のバランスを考えましょう....。腰、痛っ。)

滑って水没しそうになる(おい~っ!)以外は至ってご機嫌なtomoであった。
[PR]
by strout | 2004-07-26 12:32 | 子供の成長記録とか

玄関開けたら。

21 Jul.04(Wed)

a0010784_1224338.jpg
こんな花火が。

これ、毎年夏の終わりに行われている近所の花火大会で、我が住居である集合住宅玄関側通路からたいそう盛大に見える。

毎年この日になると同じ階のご近所4~5組くらいがそれぞれに椅子やらビールやらつまみやらを持ち出して、お花見ならぬお花火見(なにそれ)を「一等観覧席」から楽しむのである。
こんな風に割とご近所づきあいはうまくいっている方なので、花火が終わっても、しばらくはにわか宴会が続く。





折角このブログも複数画像のアップが可能になったというのでもう一枚。

a0010784_1225611.jpg

しかし、下の森(山)がなければ「特等観覧席」になるのだが(笑)。


ちなみに今回の記事、エキサイトブログのトラックバック参加第二弾です。
[PR]
by strout | 2004-07-21 12:23 | Photo
20 Jul.04(Mon)

今朝のニュースで、「三宅島の全島帰島(避難指示を解除)最終決断近し」という項目が飛び込んで来た。

私は過去に2度三宅島に渡っている。
最初は1995年の5月、そしてもう一度は1999年8月である。

一度目はテントを担いで「バックパッキングだぁ~」と意気込んで出発したまでは良かったのだが、約1週間の滞在中ずっと雨が降り続いて、同じ様なテント連中(現地で知り合った)と1つのキャンプ場で停滞(沈没)していた。(結局テントを担いだのは港からキャンプ場(しかも港に近いし)までのみ)
このキャンプ場、町営のキャンプ場で海水浴場に隣接していたのだが、入り口の左手がスーパー、そして右手が駐在所(交番)という妙なロケーションにあった。朝起きてテントの前でぼーっとしていると通学途中の小学生から「おはようございまーす」と元気に挨拶されて、一瞬気恥ずかしくなってしまう(寝起き顔なので)とこなのであった。

そして二度目。1999年8月というと噴火の1年前である。
この時は妻を連れて行ったため、民宿に泊まったのだが、とても温かい雰囲気で、居心地が良かったのを覚えている。

この時は天気に恵まれ(その分暑かったが)、夜には満天の星の中、時折流れ星も見えた。

三宅島の南東部に「長太郎池」という溶岩によって出来たタイドプール(潮だまり)がある。ここは潮が引くとそこに魚たちが閉じこめられ、ちょっとした魚ウォッチングの好ポイントとなっている。
二度目に渡ったときは夏休み中ということもあり、たくさんの子供達の歓声に包まれていた。

この歓声が1日でも早く戻ってくることを切に願う。

(画像は長太郎池で監視しているライフセーバーのお姉さんを撮った、のではなく、自分達の影を撮ったもの。>なんか面白い構図だったので。)
a0010784_82526.jpg

[PR]
by strout | 2004-07-20 12:39 | Photo
17 Jul.04(Sat)

tomoの7ケ月検診ということで、近所の小児科に行った。
4ケ月検診は横浜市でやってくれるのに、7ケ月は勝手に小児科に行って受診するのね(まあ無料だから文句は無いのだけど)。んで、ついでだからということで、予防接種(三種混合)もやってもらう。
思えば4ケ月検診の時は嵐だったなぁ(遠い目) 。あれからまだ数ケ月しかたっていないのか、長いような短いような....。

7ケ月検診の結果は身長66cm、体重7.51kgで標準の範囲。どちらかというと少し小さめ(許容範囲内で)ということなのだけど、まあ両親(私ら)が全然標準より下回っているので、そのせいでしょう(笑)。四肢異常なし、医師の所見、異常なし。
もう最高の出来なのである。(親ばか、ここに完成せり。)


画像は先日行ったシーパラのショーでのひとコマ。いるか、飛んでます。
a0010784_066.jpg

[PR]
by strout | 2004-07-19 00:07 | 子供の成長記録とか
15 Jul.04(Thu)

いーかげん書かねばなるまい(笑)。

ここのところ、夜子供(と妻...(笑))を寝かしつけてから、おもむろにリビングの壁にぶら下げてあるウクレレを取り出してポロポロとつま弾いている日々が続いている。(なんせ音、小さいし)
そういえばウクレレを始めてから早1年が経とうとしている。

私がウクレレなんぞに興味を持ったのは今から1年ほど前。
特にこれといって理由は無い。というか、きっかけなんて覚えていない。
簡単・安い・軽い・気楽・無責任、というイメージだけでなんとなく「それじゃあうちも1本買ってみようか」と妻に持ちかけたところ、あっさり許可。(もっともその当時妻もアコースティックギターが欲しかったらしいので、ちょっとした方向転換をしてもらったわけ)

当初私が考えていた予算は1万円。
ま、ウクレレなんてそこらで3千円くらいでも売っているので、それくらい出せば少しはましなものが買えるであろうという浅はかな考えがそこにはあった。

世間じゃあどうもウクレレのブームらしい。
なもんで、うっかり「ウクレレ」なんて検索キーを入れてググってみると、大変なことになる。
そしてこの最初持っていたウクレレに対するイメージと、値段に関する浅はかな考えは、もろくも崩れ去ることになる。(あー、本当に脆かった(笑)。)

・・・多分つづく。

a0010784_234811.jpg

「ウクレレぶら下げる」の図。ちょっと南国風のソファーカバー(右下)にしてます。
ソファーに腰掛けてちょっと手を伸ばせばそこにウクレレがある。
[PR]
by strout | 2004-07-15 23:40 | ウクレレ
13 Jul.04(Tue)

横浜でも「梅雨明けしたかも(気象庁発表)」というくそ暑いこの日、所用があって休暇をとったのだが、それも午前中には終わってしまったので、家族で八景島のシーパラダイス(実名)に行ってみた。

平日の、しかも夏休み前であるこんな日、さぞやガラガラであろうと思ってはいたが、(海外からの)団体客が多く、まあまあそれなりのにぎわいであった。(但しショーと水族館のところだけ)

tomoは生まれて初めての水族館+海の動物のショーである。
水族館では目の前をゆうゆうと泳いでいる大きな魚に目を奪われていたが、華麗なジャンプを決めるいるかのショーには....無反応....(涙)
そか、後ろの方の席だったので、よく見えなかったのね。

ま、今度はも少し余裕を持って最前列で見せてあげよう。
なんせ自宅から車で10分(シーパラの駐車場まで)だし....。

あ、話題の「エビフライ」食うの(ローズベイハウスに入るのも)忘れてきた。

そうそう、それと、イルカをテーマにした新水族館「ドルフィン ファンタジー」も7月16日からだそうで、この日は「関係者様向け」の見学会やってました。なんでこう夏休みぎりぎりにオープンさせるかなぁ(笑)。
[PR]
by strout | 2004-07-15 08:33 | 子供の成長記録とか

立った?もしかして?

11 Jul.04(Sun)

tomo、もうすぐ満7ケ月。(あ、明日から8ケ月目だ)
今日つかまり立ちの初観測をしました。
(証拠写真、よく分からないか、これじゃ)
a0010784_225031.jpg

パチパチパチ....。
(たまたまそこにソファーがあって、偶然かもしれないけど)
[PR]
by strout | 2004-07-11 22:51 | 子供の成長記録とか

恐るべしトンガラぴー

08 Jul.04(Thu)

職場の女の子がどこかで「中華トンガラぴー激辛」なるお菓子の試供品を貰ってきたとかで、私も味見させて頂くことになった。

このお菓子、唐辛子を輪切りにして油で揚げたという今はやりの「とにかく辛いもの」という商品なんだけど、ひとつ頂戴して口に入れようとしたその瞬間、私宛に電話が。

その電話ちょっと長引きそうだったので、右手に持っていた一粒の「中華トンガラぴー激辛」を机の上に置いてそのまま電話に集中したのだが、
事件はそこで起こった。

電話をしている最中、妙に右目が痒くなって無意識のうちに眼鏡を外して右手でごしごしと....。

もうお気づきであろう。
その右手には「中華トンガラぴー激辛」の唐辛子エキスたっぷりの油がべっとりと付いており、気が付いたときには今やすっかり絶滅したらしいスリープノンを直接目に攻撃状態だったのである。(スリープノン、知っている方が珍しいか?)

電話終了後、あわてて右目を洗いに行ったのは言うまでもない。
特に目も何事もなく、あー、よかった。

うーむ恐るべし、トンガラぴー。
[PR]
by strout | 2004-07-09 08:33 | Diary

スイカとtomo

04 Jul.04(Sun)

暑い日曜の昼下がり、横須賀に住む妻側のじじばばがスイカを抱えて突然やって来た。

tomoは自分の体ほどもあるスイカに興味津々である。
a0010784_233926.jpg

そういえば、最近になって(いつからかは定かではないが)這いずりを始めたのだが、大分慣れてきた様で、のろのろながらもリビングを縦横無尽に動き回っている。
そろそろ部屋の対策打たなければ。
[PR]
by strout | 2004-07-04 23:40 | 子供の成長記録とか