足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー

<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

あましょっぱ

先日の「あずきアイスキャンディー」に続き、またまた目にしてしまった気になる飴。
それが、
ほしや製菓 「とっておきの雪塩のど飴

なんでも宮古島産のギネス(多くの栄養素が入っているとか)のお塩「雪塩」が使われているとかで、体にものどにも良いというのがうたい文句となっている。

「ギネス」の一言に何故か反応してしまい、即座に購入(198円也)。

うん?、回りは普通の飴なのだけど、中身はしょっぱい。
確かに塩です、これは。

ただ、口の中に残るあと味が思いっきり「塩」とかいう罠(笑)。
[PR]
by strout | 2005-05-31 13:14 | Miscellaneous

新しい

30 May.05 (Mon)

今日から川崎市内の真新しい事務所に勤務。

新しいビルの新しいフロアで最初に待っていた仕事は、引越し屋さんによって運ばれてきた古い書類のダンボールからの開梱、および棚入れ。(関係ないが、机と椅子は新品ではなかった)

こういう肉体的な仕事を久しぶりにすると、自分の関節や筋肉が、「あなたは普段若く見られがちですけど、実際は・・・」と警告を発しているのがよーく分かる。(涙)。
ああ、しんど。(実は明日や明後日の方が心配だったりする)

ところで今日、久しぶりにJRの朝のラッシュを経験した。(今までは私鉄オンリーだったので)
これってもしかしたら「速いうるさいくさい※」などとうたわれた(誰にだ?)、某京浜*行線よりもつらいんではないかい?

これから毎朝これに乗らなくてはいけないんですかそうですか....。
(しんどいのは引越しの後片付けではなく、通勤の方だったり)

(※いや、これは昔の話であって、今の某京浜*行線はとても快適です。<たまに「飛ばしてるなぁ、今日は」と思うときもあるけど)
[PR]
by strout | 2005-05-30 22:59 | Diary

んで結局。

28 May.05 (Sat)

朝9時すぎ、開店直後のいつものトヨタネッツを直撃。
先方の出方(価格)次第でもあるが、私らの心の中は決まっている。

子供の遊び場に間近いいつものテーブルに陣取ったところで、最終ラウンドのスタートである。

世間話などを交えながら、30分ほどたった頃であろうか、営業さんが「ちょっと店長と相談してきます」といって席を外した。
この間約20分。

「遅くなりまして」と戻ってきた営業さんの顔には、やるだけのことはやったという満足の顔がうかがえる。
最終的に提示された金額はこちらにしても想定の範囲、というかネットで事前に調べてきた値引き情報よりもう少し頑張ってくれているレベル。

と、言うわけで注文書にハンコを押してきたのであった。
あーあ、買っちゃったよ。

結局、買ったのはコレ

間違い....。

こちらでし

駐車場の高さ制限さえなければシエンタが良かったのだけど、やはり決め手となったのは両面スライドドアーでしょうか。(パノラマオープンはあまり意識してなかった)
しかし、外観はほんと地味(笑)。
ちなみに19万ほど高くなってしまう4WDというチョイスは、当然なし(涙)。
まあ子供のことも考えておとなしく乗り....る予定。

納車は1ケ月くらいとのこと。
楽しみだ。
[PR]
by strout | 2005-05-28 19:44 | ラウム購入顛末

さらば東京

27 May.05 (Fri)

都内にある職場が移転するということで、今日は引越しの日。
朝からダンボール詰めなどを行い、17時過ぎには引越し作業は完全に終わっていた。

というわけで、18時から「さらば都内」と銘打っての「緊急グループミーティング in 最近開店の沖縄料理屋」を開催。(といっても3日前には決まっていて店もしっかり予約しているのだけど)
普段仕事が好きな方々ばかりの職場なので、飲み会などをやっても時間通りに全員が集まった事がないのだが、上記のような事情でほぼ時間通りにスタート(こんなこと最初で最後かもしれない)、2時間のコースが終わっても20時30分(何故?)である。

当然2件目は王道とも言うべきカラオケなのだが、同僚さんたちは普段はとことんやらないと気がすまない人たちなので、「朝まで」というのが(たとえそれが平日だったとしても)基本というつわものばかりである。私もこの日は覚悟して(妻にもそう言って)参加してきているのであるが、規定の2時間から誰も延長しようとはせず、めずらしいことに23時過ぎには解散となってしまった。
朝帰りはおろか、終電よりも早い電車で帰ってこれるとは....。(ちょっと拍子抜け、いや、いいか)
[PR]
by strout | 2005-05-27 23:18 | Diary

イクラ vs メロン

26 May.05 (Thu)

職場の新人歓迎会ということで、部内揃って近所の居酒屋に。
そろそろ終わりだという時間、つまりデザートのメロンが運ばれてきた直後に事件は起こった。

実は私、とある幼児体験によりメロンが食べられない。
幼児体験、といってもそんな大げさな話ではなく、子供の頃に食べたメロンがたまたまとても苦く、それ以来メロンを食べるとあと味に苦味が残ってしまい、それが我慢できないというだけの話なのだが。

そんなことを同僚に話していたときに、別の同僚が「俺は、イクラとかたらことかの魚の卵系がだめだ」と言い出した。

ふと皆の視線に入ってきたもの、同じテーブルに乗っている残り物のイクラの軍艦巻きと、運ばれて来たばかりのメロン。

誰かがふと「せっかくだから飲んだ勢いで食べてみてよ、二人とも。」などと全く持って余計なことを言い出した。

飲んだ勢いもあるのだろう、皆の期待はヒートアップし....。
私はン年ぶりのメロン、同僚に到ってはン十年ぶりのイクラに(無理やり)挑戦させられたのであった。

涙目になってしまった同僚@イクラ食いの顔が印象的だった。
(実を言うと、私の方は意外にもメロンを食べても拒絶反応が起こらなかった。)
[PR]
by strout | 2005-05-26 23:23 | Diary

ごった返し

25 May.05 (Wed)

横浜市内とは言え、郊外のベッドタウンに在住している私は都内の職場に通勤するため、毎朝6:35頃には家を出ている。
この時間だとそれほど朝の通勤ラッシュに巻き込まれることは無く、運が良ければ途中から座って熟睡だってできるのである。
それなのに....。

<JR横浜駅>信号機故障 ラッシュ時17万5000人影響

この「影響」の人数の中に、私の様な振替輸送を受けた京浜急行客も入っているのだろうか。

ホームは人で溢れ、車内は殺人的に混んでいた。

あー、疲れた....。
[PR]
by strout | 2005-05-25 20:19 | Diary

攻防

23 May.05 (Mon)

家に帰ると妻が自分の父親と電話で話している。

「いや、だからぁ、それだと中狭いでしょ。
 それも見てみたけど、運転しにくそうだよそれ。
 そっちは高いじゃん。それに1800ccだし。」

どうやら義父は昨年自分が購入したディーラーさんを推薦しているらしい。
営業さん頑張ってくれるから、安くなるよと。

でも残念ながらその店には私らが気に入るような車種は無い(リサーチ済み)。

それでもなお、これはどうだ?あっちは?最近あの車種で特別バージョンが出たぞと矢継ぎ早に迫ってくる(電話向こうの話なので半分推測)義父とそれを受けている妻の攻防が面白かった。

なんか子供が新しいおもちゃを買ってもらうのに色々説得しているようで。
ともかくも、車購入の話があさっての方向にこじれないことを切に願う(笑)。
[PR]
by strout | 2005-05-23 22:47 | ラウム購入顛末

車購入計画進行中

22 May.05 (Sun)

一般的に大きな買い物は6月7月と12月(ボーナス時期)と3月、9月(いわゆる決算時期)に集中するものだそう。
だから5月は家電とか車とかの値段の張るものはあまり売れずに、販売側は大変らしい。(元家電量販店の社員だった妻も言っている)
これはネットの車購入情報でもあまり出回っていない話なのだが、5月というのは結構値引きの狙い月らしい。

そういえば、先週試乗させてもらったカーディーラーでも、「5月ならかなり頑張ります」と言うことだった。
それならどんくらい頑張ってもらえるか、いっちょ見積もりでも貰ってみましょうか、ということで、スーパーでの買い物が終わったその足でディーラーに。

アポ無しの突撃だったので、担当の営業さんは不在であったが、試乗車を再確認しながらしばらく待つことにした。
最有力候補であるこの車種は、「人にやさしい」と言われているのだが、その分カーゴスペースを犠牲にしているらしい、これが唯一の難点だったりする。
荷物が積めないと私の趣味のひとつであるキャンプに多大な影響が出る(子供が生まれる前の年(つまり妻の妊娠期)から種々事情により行くことが出来ないが(涙))。

とは言うもののまさかキャンプ道具一式を持っていって「積んでみたい」とかいうのも気がひける、というかこのために準備するのもなんなので(そりゃそうだ)、とりあえず手近なベビーカーを積んでみた。
幅はベビーカーを横置きにしてタイヤハウスの内側にぴったりサイズ。奥行きは20cm程度の余裕だろうか(しまった、巻尺(死語?)持っていけば良かった)。高さもベビーカーを立ててピッタリ収まるくらい。このベビーカーはB型なので、もう少し大きいA型だと斜めにしないと収まらないのだろうな。
今のM菱製の高級4WD(書いててちとむなしい)と比べてしまうとかなり小さいスペースなのだが、荷物厳選と工夫次第でキャンプ道具も詰めるか?(恐らく後方視界は諦めざるを得ないだろうが)

1時間程度待って担当さんがやっと到着。
しばらく子供の遊びスペース(最近はどこのディーラーでもこういったスペースとおもちゃが置いてある)で遊んでいたtomoもこの時点で完璧に飽きてしまっている。
このため、気になる値段の話もろくすっぽできず、当方の要求額だけを提示。
「正直におっしゃってください、店長との相談材料にしますから」と言っていたので、「正直に(でもちょっとだけ控えめ)」言ったのだが、一瞬営業さんが固まったのを見逃さなかった。

帰りがけ、tomoはドラエモンの風船を貰いご満悦。

車種(オプションや色も)とディーラーはよほどのことが無い限りこれで決定。
今度の土日が「5月」の期限であるが、さあどうなる。
[PR]
by strout | 2005-05-22 21:23 | ラウム購入顛末

中年の星

21 May.05 (Sat)

アーチェリーの山本さん(アテネ五輪の銀メダリスト)が本を出版したという話を、先日の何かのTV番組でやっていたのをふと思い出した(本屋で)。
山本さんといえば、今ではすっかり国民的人気者になっているが、その昔私の実家のすぐ近くに住んでおられ、親同士が親しくしていたばかりでなく、私も良く親に連れられてご自宅に遊びに行っていた思い出がある。(残念なことにご本人とは面識なし)
だから20年前のアトランタ五輪での銅メダル受賞の時は(世間ではあまり話題にならなかったが)、我が家では大騒ぎとなったものである。(その後うちの親は山本さん本人と会う機会があり、本物の銅メダルを手に持たせてもらったと自慢することしきり)

んで、前述の本。
高校教師だからか、簡単な内容と表現でとても読みやすいが、やはり過去何十年にもわたって世界のトップレベルに君臨するとはこういうことなのか、と何か考えさせられてしまう本であった。
何よりアーチェリーを始めた中学生の頃からずっと、思考と生活の中心がアーチェリー一色であり、「私からアーチェリーを取ったら何も残らない」という何気ない言葉もこういう人が発するととても重い。
そんな彼が20年前の輝かしいアトランタ五輪の銅メダル以来、五輪での結果が残せなくなり、ついにはシドニー五輪では選考会からも外れてしまう。
この時の一般人では想像のつかない葛藤から、今回の銀メダルをいかにして勝ち取ることが出来たのか、決勝戦の様子なども一気に読んでいるうちに感動を覚えてしまった。

偶然にもというか、いいタイミングでついさっき何気なく見ていたネットのニュースの中に、昨日行われた韓国国際大会兼アジアグランプリにおいて、山本さん率いる日本チームが韓国を下して初優勝を果たしたというニュースが入ってきた。

またつい先日も13回目の世界選手権出場権獲得も果たし、ギネスブックに申請(13回連続出場で)もされるという。

普通スポーツ選手では年齢的な衰えは致命的であるはずなのだが、自ら「中年」と言って現役を続けているこの人、これからもずっと家族で応援してます。
[PR]
by strout | 2005-05-21 23:54 | 見た読んだ

そろそろ買いですか?

15 May.05 (Sun)

先日、偶然街中で見つけた車が気になっており、ネットやらで色々と調べていたのだが、近所のディーラーに試乗車があるというので、家族で冷やかしに。

今までも気になる車は多々あったのだが、うちには駐車場の高さ制限という足かせのため、車高1550mmまでが限度である。残念ながら今まで気になった車はもう少し車高が高いものばかりだったのだが、今回のやつはこの制限にクリアでき、しかも価格もそれほど高くはない。ましてや**という、他メーカーの同クラス車には無い際立った特長(謎)を持っている。<これ、かなりの高ポイント。
(ただ外見は非常に地味な車で、普段はあまり気にも止まらないタイプではある。)

試乗は最初に妻が、途中で私に交代するという順番で行ったのだが、多少1500ccの力不足感はあるとは言え、このクラスのファミリーカーとしては、こんなもんかな、という感じ。足回りはそれほど固くは無いが、ブレーキの効きは良い。
また後部座席も足元が広く、ゆったりと乗れる。
ただ問題はラゲッジスペースが今の車と比べて小さいということか。欲を言えばもう少し広い方がありがたいのではあるが。

しかしまあ、妻も気に入ったみたいだし、今のところ最有力候補であることには間違いない。
さて、と、これどれくらい値引きしてくれるものですかね(笑)。
[PR]
by strout | 2005-05-15 22:00 | ラウム購入顛末