足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いつの間に

26 Oct.05 (Wed)

仕事からよろよろと家に帰ると、新しい電子レンジが来ていた。

なんでも義父がたまたま今日仕事休みだったとかで一緒に買いに行ってもらったそう。

電子レンジといえば最近やれ水で加熱するだの、なんやらわけわからん機能が沢山付いて、性能も値段も高機能というのが目立っているが、うちには設置スペースという決定的な制約がある。(車と一緒やし....)
つまり、食器棚の真ん中のそういったスペースに置いているのだが、その奥行きが38cmしかない。

となると、どうやら購入できる製品群は限られてくるらしい。(今流行のやつはどれも奥行きが50cm程度あるとか)
そんなわけで食器棚にも財布にもやさしいのをチョイスしてきた妻。それでも今までの独身専用とかいったちんけなやつよりはずっと高性能だとか。(細かいことはやっぱようわかりませんが(涙))
そんなわけで、得意のパウンドケーキとかクッキーとか、色々期待してます>妻。
[PR]
by strout | 2005-10-26 22:20 | Diary

レンジお終い

23 Oct.05 (Sun)

朝から体の調子が悪そうなtomoを無理やりつれて(ひどい)、有権者としての義務とその後公園でピクニック。

夕方、いつに無く妙な行動(いたづらとか)を繰り返していたtomoであったが、突然号泣しだした。(いやもしかして私が泣かせたのかも....)

少し微熱っぽい。
そのうち嘔吐まで。
こうなるともう私の出る幕はない(涙)。
妻にべったりで、ちょっとでも妻が離れようものならまた号泣である。

夕飯の支度もしながらtomoの面倒を見ていた妻が、大きな声を上げた。

「電子レンジが壊れちゃったー」

スイッチを入れても全く動作する気配なし。
ドアのロックのところに破損の後が見られた。
「あああ、だめだな、こりゃ。というより寿命だな。」

思えばこの電子レンジは私が一人暮らしをしていた頃に購入したもので、その当時一番小さくて安いやつだった。
これはかれこれ7年以上も使っていたのだが、よくもまあここまで耐えてくれたものと思う。
(そういえば当時からのもので、今も健在な家電といえばもはやテレビくらいか。)

tomoは夕食もとらずに散々ぐずったあげく20:30に就寝。
ほぼ明日の医者行きは決定。

さ、問題の電子レンジだ。
これで朝のトーストも焼いていたので、早急な対策(購入)が必要なのだけど....。
[PR]
by strout | 2005-10-23 23:24 | Diary

すごいすごい。

22 Oct.05 (Sat)

妻と共通の友人宅を訪問。
ここには小学校低学年のお嬢さんを筆頭に子供が三人いる。
しかも三姉妹....。

この友人は、古くから知っているの友人の「いとこ」に当たり、その関係で親戚筋何人も知っているのだが、今日は私らの訪問の話を聞きつけた元々の友人の義理の妹さん(ああややこしい)も合流することになった。

ちなみにこの義理の妹さんも二人の子持ち。確か4歳と1歳6ケ月の姉妹。

さて、これでうちの妻と娘を入れると女性陣は総勢9名なのであるが、何たることか訪問した家庭も「義理の妹」さんのとこも旦那さん方は別件で不在とのこと。
つまり、男女比1:9という圧倒的不利な体制に立たされた私なのであった。
女ばかりの異様なテンション....。

まず、10年前に建てられて、最近リフォームしたばかりという豪勢な一戸建てにそのテンションは集中する。
広いリビング、ハワイアンキルトのソファー掛け(ものすごく高そう)、巨大な(に見えた)プラズマTV、風呂場へと続く洗面所もハワイアンチックにまとめられており、2階には子供の遊びスペースが広がる。

「すごいすごいすごいすごい」

子供たちは早速2階で大騒ぎ。
tomoなんかときたら昼寝もせず、眠い目をこすりながら走り回っている。
なんというか、もう....(笑)。

妻は「ハワイアンチック」に感化されたらしく、帰りの道すがらで偶然見つけたハワイ雑貨の店に立ち寄り、なにやら小物を買い込んでいた。

・・・てゆか、いつか本当のハワイ行きたいね。
[PR]
by strout | 2005-10-22 22:23 | Diary

ジョンコの歌

16 Oct.05 (Sun)

少し前にやっていたNHK朝の連続TVドラマの「ファイト」が妻は好きで、毎朝欠かさず視ていたのだが、この劇中歌で「サイゴウジョンコの応援歌」というのがあった。
(「サイゴウジョンコ」はドラマで重要な役をしめる競走馬の名前。)

この劇中歌がほしいという妻のリクエストに応えて、ネットでプチッと購入などしようとしたのだが、さすがにこんなマニアック過ぎる歌はどこをどう探してもオンライン販売などしてはいなかった。

さらに検索したところ、NHKの「ファイト」のサイトに、この局がエンディングとして使われていた時の貴重な(数えるほどしか流れなかったらしい)エンディング映像が。
なおかつ同じサイトに歌詞と楽譜まで。

うーん、こういうとこ太っ腹だぞ、NHK。
私はちゃんと受信料払ってますから~。

ということで、ちょっとした手段を使ってPC無しでもいつでも聞けるように。(あくま
でも個人使用)
何度も流していたら、そのうちtomoまで一緒に歌うようになり、しまいにはイントロで
反応するようになった。
しかも最初のギターの「ジャンっ」だけで!

tomo、君はもしかして音楽センス....(親ばか)
[PR]
by strout | 2005-10-16 22:21 | Diary

かたちんぼ

12 Oct.05 (Wed)

朝、ぼーっとした頭で着替えをしていると、ふとあることに気が付いた。
「あ、この靴下、左右の模様が微妙に違う....。」

妻に話したところ、
「ごめーん、前から言おうと思ってたんだけど、いつも洗濯取り込むときに気が付いてたんだよね。」

・・・って、そんな前からかたちんぼだったのかい!
[PR]
by strout | 2005-10-12 22:52 | Diary

胃内滞留

9 Oct.05 (sun)

私が通院している最寄の内科医(通称「初級シスアド」<いいか、もう)はありがたいことに日曜日の午前中も診察をやってくれる。
そろそろ前回貰った1ケ月分の薬が切れてきたので、旅行に疲れた体に鞭打って早起き。(受付開始前に並べば早く診察に呼ばれるし)

この待合室で見つけた胃に関する製薬会社発行のフリーペーパーに、「食物の胃内滞留時間」という面白い記事があった。

たとえば
・半熟卵(100g)・・・1.5h
・米飯(100g)  ・・・2.25h
・うどん(100g) ・・・2.75h
・パン(100g)  ・・・3.0h
・かまぼこ(100g)・・・3.25h
・ビーフステーキ(100g)・・・4.25h

なるほど、昔から「うどんは消化に良い」と信じてきたのだけど、胃の滞留時間はごはんよりも長いのか。
もうちょっと胃を大事にしてあげなくては。(てゆうか、寝酒止めろよ<俺)
[PR]
by strout | 2005-10-09 22:35 | Miscellaneous

伊豆伊豆

8 Oct.05 (sat)  ああ、気が付けば10月....
a0010784_23391969.jpg
昨日と今日の2日間、妻方のじじばばらと伊豆の旅行に行ってきた。
当初、私の両親も参加してノア(トヨタの)1台ぎゅうぎゅう詰めツアーの予定だったのだけど、急遽別の予定が入ってしまい、泣く泣くキャンセル。

目的地は妻方じじの職場の関係で安く宿泊できるというラフォーレ修善寺。
ゴルフ場から温泉まである総合リゾート施設なのである。
こんなとこ高いんだろうな....、本当なら。

出発は金曜日、つまりサラリーマンとしての権利100%行使しての有給休暇なのである。(とはいえ、重要な会議を一つほったらかしにしてきたので少し後ろ髪を引かれるのはあったが)

朝7時半、ほぼ定刻通りにじじのノアがやってきた。
高速道路を乗り継いで、順調に足柄SAに到着。と、ここで妻が「私もちょっと運転したい」などと....。
まあ高速だけならと運転席に座ってもらったまではいいのだが、そのまま固まってしまった妻。
「シフトレバーの動かし方が分からない....。」
なんか漫画のような展開。
ともあれ、妻にとって初めてのノアの始めての東名は、法定速度をしっかりと守って、車内の緊張と静けさを乗せ、三島までの長い長い道のりを、大型トレーラーにエスコートしてもらい(本当は前後を挟まれていただけ)走っていった。

三島からは私が運転。順調に伊豆半島に入ってしまう。
どこかのドライブインで昼食をとったり、土肥金山でソフトクリームなぞを食した後、雨も降ってきたことだしと、15時前にはホテル着。

あとはだらだらと散歩して、温泉入って飯食ってしまえば、1歳9ヶ月の幼児を抱えた家族としては特にすることも無い。(なんせtomoは20時過ぎには寝ちゃうし)
私も普段の寝不足解消の意味も含めて22時半には就寝。

早く寝れば早く起きるのは年寄りの証...、あ、いや。
なんかあまり寝不足の解消にはならなかったような。

帰りもほとんどを私が運転。車内には眠いオーラがただよっている。
途中何回か意識が遠のいた気もするが、とりあえず家族には黙っておこう(笑)、あいや、高速で。(良く考えたら笑い事じゃなかった)

まあ無事帰ってこれたからよしとするか。(でも妻にも黙っておこう)

とにかく、今回の旅行でまたいくつかの言葉を覚えたtomo。
この頃は言葉を教えれば、真似するようにもなって(まだ日本語にはならないが)、そりゃもう可愛   (以下自主規制)
a0010784_23394873.jpg

ホテルの部屋で寛ぐ母娘。のんびりとした時間が漂う。
(冒頭の写真は土肥金山にあった250kgの金塊。透明な覆いには手を入れる穴が開いていて、触ることが出来る。)
[PR]
by strout | 2005-10-08 22:00 | Diary