足、売り切れる前に。(なんだか分かりませんが)


by strout
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

New tomo's お気に入り

30 Jul.06 (Sun)

「トトロ、見るかなぁ」
そう切り出したのは妻だった。

明けても暮れてもニモとキティちゃんのDVDに夢中なtomoさん@2歳と7ケ月。
そりゃtomoは何度見ても飽きないのだろうけど、付き合わされるこちらの身にもなってほしい。
 いーかげん飽きた!

これがかれこれ2週間ほど前の話。
折角だから奮発してトトロのDVDでも買ってやろうか、でもなんかもうすぐTVでやりそうな気がする....夏だし。
と、妻のなんか根拠の無い思い込みではあったが、待つこと数日、あっさりと日テレさんでやってくれた。

いそいそと録画して、CM抜いて、DVDに落として....。
「さあ、tomo。これがトトロだっ。とにかく見てみろ!」
朝、早速キティちゃんコールのtomoの声を無視して、DVDをセットする。

tomo 「・・・・・。」

(このまま30分後)
tomo 「・・・・・。」

(さらに1時間後)
tomo 「・・・・・。」

・・・・なんか真剣に見入っている。


作戦は大成功。
すっかり気に入ってくれたようだ。
なんせ「もう一回、もう一回」と、今日だけで都合4回....(ーー;)

(途中、豚さんでも見るか?と「紅の豚」をかけて見たが、こちらは15分でギブアップ。すぐにトトロに戻ってしまった。)
[PR]
by strout | 2006-07-30 22:40 | 子供の成長記録とか

ハワイイ、だぁ

29 Jul.06 (Sat)

鱒家夏の重要イベントの1つ、「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル2006」に行ってきた。

いや別に、ほんとに「行ってきただけ」という感じで、別にウクレレやフラのステージが目的というわけでもなく、なんかこうハワイの雰囲気を感じたいだけ、というとこでしょうか。

そんなわけなので、撮ってきた画像データを3つほど。

a0010784_23335155.jpg


a0010784_23342864.jpg


a0010784_23344854.jpg



本日の収穫と次への課題。
<収穫篇>
・ロコモコ、シナモンブレッド(昼食として)
・私のT-シャツ
・パイナポーがあしらわれたペーパーナイフ
・ハワイウォーターの試飲、マカデミアナッツの試食
・帰り道にどっと来た疲労感(妻とtomoは車内で撃沈=爆睡)
 人酔いってやつかも(<田舎モンの象徴か?)

<課題篇>
・koniちゃんのステージスケジュールをあらかじめ確認すべし。
・もっと近いところの駐車場を探そう。
・次はお金貯めて財布だな(<妻談)
・ペットボトルのハワイウォーター  (謎)
[PR]
by strout | 2006-07-29 23:46 | Diary

次回に向けて

22 Jul.06 (Sat)

先週に行った初めてのファミリーキャンプでの反省点。

・気が付けばtomoは一緒に行った娘さん(tomoの1歳上)と遊んでいた。
 (やはり、同じような子供がいる家族と一緒に行った方が、何かと楽。)
・米を忘れた。
・昼間、汗でびしょびしょになった衣類を丁寧に手洗いし、一晩外に干しておいたら明け方に雨に降られて全く乾かず。
・房総半島は暑い。(春先とかならいいかも)
・久しぶりにマントルを購入したのだが、これがサイズが合わず(1つ大きいサイズを買ってしまったらしい)。
 無理やり使っていたら、ランタンのつまみ付近が異常発熱して....。(いや、途中で気が付いて本当に良かった)
 ちなみに愛用のランタンはコールマンの226Aという、いまや廃盤となってしまっている名機。
・tomoの水遊びには浮き輪が必要。
・テントが小さい。幼児はとかく寝相が悪いので、1.5人+αと考えるべき(<教訓)
 でもあたりを見回すと、コールマンのテント率が約8割強の下。くらいか。  うーむ
・案の定、ラウム(愛車)では家族三人のキャンプ道具と荷物で満載。
 後方視界ほとんどゼロ。(でもさらにキャンプ道具が増える気配が。とりあえずテーブルなんて持っていないので)
 車内パッキングにもう少し工夫が、というより、これは慣れの問題か?つまりもっと行けと。
・あんだけ暑いと、ビールの摂取量はいつもの2.3倍増し。


とまあ、前置きが長くなってしまったが、鱒家次回キャンプは例のパイロットさんご家族と一緒に、ということが決まっている。
妻が、あちこちに誘いをかけたところ、たまたま日程的にあったのがこのご家族だけだったという訳。(そういえば先週の同行家族も同じ理由だったりして)
でも、意外にも周りの反応が良くて、「うちも昔キャンプやってた」とか、「やったこと無いけど、行くんなら連れて行って」とかいう家族が続出。これは当分楽しめそうだ(しめしめ)。

このご家族は、「これからテントとか買ってきます。」という非常に頼もしい旦那さん。
休みの関係で平日にご自分たちだけで買いに行くという話しなのだが、ここは1つ最近のテント事情なんかを調査しといてあげよう、などとふと入ったスポーツ用品店が運の付き。

まあ、つまり、あれだ。「ミイラ取りがミイラになったという」  (苦笑
[PR]
by strout | 2006-07-22 21:40 | GO Camping

下手くそ

20 Jul.06 (Wed)

先日のキャンプでは、久々に私の(銀塩の)一眼レフにネガフィルムを入れて持ち出したのだが、それが今日になって出来上がってきた。

遅い時間に帰宅すると、既に妻がミニアルバムに入れてくれていた。

・・・・・お、俺ってこんなに下手くそだったっけ.....。

普段デジカメばかり使っていたから、シャッターの一回一回の重みが薄れてしまっているのだろうか。
3大下手くその要素、「手振れピンボケ被写体ボケ」多発。

よし、これからはもうちっと真面目に銀塩カメラ持ち出してみるか。
(でも家計に影響を及ぼさない範囲で、という注釈は入るが。)
[PR]
by strout | 2006-07-20 23:25 | Diary

キャンプデビュー

16 Jul.06 (Sun)
a0010784_17185474.jpg

三連休のうちの土日を使って、初めてファミリーキャンプなぞに行ってきた。

tomoが生まれてからというもの、キャンプなんて夢の夢だったのだが、こうして無事に帰ってこれたというのも、記念すべきtomo人生初キャンプに付き合っていただいたママ友の旦那さんのおかげ   (笑)。
(さすがに「魔の二歳児」を連れて、家族三人だけでキャンプなんて行く気は毛頭ない!)

同行の旦那さん、年は結構若いのだが、なぜか今年に入って急にキャンプ熱に侵されてしまったらしく、1から全ての道具を買い揃えて、4月からかれこれ3回目のキャンプだという。
しかも、幼い子供二人抱えてのキャンプだから、あーた、お子さんは奥さんに預けたとしても、車への積み込みから設営、撤収までほとんどを一人でこなしていたというのだから、大した....。
(普通、これで嫌になってしまうお父さんを沢山見てきただけに)

場所は、房総半島は久留里にある「かずさオートキャンプ場」。
東京アクアラインに乗ってしまえば、自宅から二時間足らずというとてもリーズナブルな場所にある。

テントサイトはふかふかの芝。
ここに隣り合わせの2区画に我が家のタープと6年ほど前に買ったモンベルの三人用テント(冒頭の写真)、お隣の最新の豪華巨大なファミリーテントをえっちらと建てた。

ここ数年で久しぶりに聞く光化学スモック警報発令の中、子供たちはキャンプ場を取り囲むように流れる川(あまり綺麗そうではないが)で水遊び。
なんかいいね、こういうの。
そういえば昔、親にこんなふうに川遊びに連れて行ってもらったっけ。

昼寝もせずに遊びまくっていたtomo。夕食後の花火のあと、キャンプチェアに座ったまま本日の業務おしまい。(笑)
そのまま静かにテントに押し込んだのだが、小1時間ほどで起きてしまったらしくテントの中で一人大泣き。
すぐにテントから引っ張り出してなだめたのだが、今度はテントに入るのが怖いと。(またまた大泣き....)
一度こうなると頑固一徹なtomoさん、どうやってもテントに入ってくれない。

同行のお隣さんは6人用の巨大なテントで、快適にご就寝なようなのだが、やっとの思いでtomoを押し込んだ我が3人用の背の低い(山岳でも使えるやつなので)テントはとてもきゅうくつで、ゆっくり寝られるどこではない。
しかもtomoはしばらくぐずっているし。
おまけに大学生と思われる団体さんは、深夜まで飲めや歌えの大騒ぎ!
・・・真剣にロケット花火100本束にして打ち込んでやろうかと思ったほど。

ともあれ、梅雨の晴れ間の光化学スモック警報における、米も前の晩から冷やしておいた冷蔵庫の食材も、tomoの歯ブラシもきっぱり家に忘れてきた久々の鱒家のキャンプは、tomoの「テント怖いー」という泣き叫ぶ声ですっかり寝不足の朝なのであった。

うちももっと大きなテント買いましょかー(>奥さん)。
[PR]
by strout | 2006-07-16 20:33 | GO Camping

蔵出し写真

12 Jul.06 (Wed)

a0010784_23473881.jpg


まだ、梅雨明けない....。
こんなときは昔の写真でも見て、青空のイメージを。
(Aug.2002 @信州)
[PR]
by strout | 2006-07-12 23:49 | Photo

お披露目

8 Jul.06 (Sat)

先月、お隣さんに待望の第一子が無事誕生され、約1ケ月の「自宅休養」期間を終えた奥さんと娘さん(赤ちゃん)が自宅に帰ってきた。

一週間ほど前から旦那さんに今日の帰宅を聞かされていた我が家は、朝からどきどきのわくわくであった。
朝、掃除機の音が聞こえてくると、「あ、お隣の旦那さん掃除してる」とか、お隣さんの車が駐車場から見えなくなると「いよいよ迎えにいったんだね」とか。

もう今日は来ないんだろうなどとあきらめかけていた17時過ぎ、突然に鳴る玄関チャイム。
「きたぁ!」

うれしそうなお隣の旦那さんと、無事帰ってこれた安心感の表情を浮かべたお隣の夫婦。
旦那さんの手には生後一ヶ月の(本当に生まれたての)赤ちゃんが....。

パッチリと開いた目、元気に動いている両手。
か、かわいい....。

これから、お隣同士として長い付き合いになることだし、よろしくね。
(おいこらtomo、仲良くしてあげるんだぞ!)


このあと、1時間後に、妻方のおばさんから電話が。
息子夫婦(妻の従兄弟)に、2日前に女の子がお生まれになったそうな。
ややなんと、こっちでも。

ま、ともあれ、人のうれしい表情というのは、こちらまで元気を与えてくれる。
よきかな。
[PR]
by strout | 2006-07-08 23:33 | Diary

最近、青空見てない。

7 Jul.06 (Fri)

a0010784_23595713.jpg


はやく梅雨明けないなかぁ....。
(Mar.2006 @宮古島)
[PR]
by strout | 2006-07-08 00:01 | Photo

亀山さんがやってきた

2 Jul.06 (Sun)

携帯の着信音がけたたましく鳴る、風が強く蒸し暑い梅雨の日の午後1時すぎ。
相手は某大手運送会社名を名乗るあやしいおじさん。
あと30分ほど後に、我が家に押しかけて来るそうな。

で、来ましたよ、亀山さんが。

「よっこらしょっ」と、運送屋さんのなれた作業で我が家のリビングにどどおんと置かれたそいつは、梱包箱でかすぎ。
あまりの大きさにしばらくの間そいつの前でうろたえていた。
やはり店頭で見るよりも相当大きく感じる。

・・・設置までお願いした方が良かったか?
なんせ昨夜は結局今までのTVの片付けとかそんな感じで深夜まで一人で作業していたので、体力的に弱くなっているというところもあるのだろう、こんな弱気の考えが頭をよぎる。

でもまあ、なんとかなるでしょ。
本体だってたったの22.5kgだし。  (ため息

実際始めてみると設置は思ったより早く進み(というか、夢中になると周りのことは目に入らない典型的なB型人間なので、それ相当の時間はかかったみたいだが)、いよいよスイッチオン!
やはり画面がでかい。

tomoの強いリクエストにより記念すべき最初に見たDVDは「ニモ」だった。 (笑

ところで、地上波デジタルとかBS関係はあっという間に設定完了したのだが、CSが入らない。
共聴系の問題かな?
(昨日のランチをご一緒した旦那さんにもそんなこと言われたような、言われて無いような。)

スカパーの無料放送部分を楽しみにしていたのだが。
[PR]
by strout | 2006-07-02 22:41 | Diary

負けた....

1 Jul.06 (Sat)

ママ友のご家族と一緒に近くのファミレスでランチの約束をしている私らは、その前に1つ大事な用事を済ませるため朝一から動き始めた。

目的地は近所のスーパー。
ここの4Fに秋葉原系のデンキ屋がある。(いや、別にコスプレ関係の店ではないので、念の為)

そう、ここ数日のTV無し家庭jからついにオサラバするのである。
とはいえ、最新の大画面液晶とかだとン十万もするので、出費的に悩ましいところではあるが....。

tomoはえらいことにTVが壊れてしまった事を素直に受け入れ、良い子にしていたそうなのだが、妻に「TV壊れちゃったんだって。おっきいTV買おうネ。お母さんがネ、買ってくれるの。」とか、分かってるんだかどうなんだかという発言を(妻に対して)繰り返していたそうなのである。
(一見良い子ぶって、実はTVに対するすさまじい執着心がここにはある。)

んで、結局この「おっきいTV買おうネ」に負けて、「亀山モデル」の32型なんぞを...、こう....。
(今まで20型だった我が家では、これで十分「おっきい」。)

ところで、やたらこのタイプが最近売れているらしく、店内に山積みとなっている同機種。
購入の際、店員さんに「お持ち帰りになりますか?」とか聞かれたけど、こんな推定30kg(グロスで)くらいあるこんなもの、一体全体どういう人が持って帰ろうとするのか?

設置費用をケチったおかげで、一般の宅配便とかの配送が可能だとかで(設置を頼むと、作業者の順番待ちが入ってしまうらしい)、我が家への着荷は明日の午後。

今の壊れたTVとか、その周辺の片づけを急ピッチで行う必要がここに。
(今日はこれからご近所づきあいだし、いつ出来るんだろ?)
[PR]
by strout | 2006-07-01 21:58 | Diary